<Back   TOP     Next>

新都社ミスコン2018に参加してました

▽コメント・ご意見、よろしくお願いします!

 

Tweet

<Back   TOP     Next>


※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには一切かかわりがありません。



【明治日本マメ知識】(敬称略)

(※並行世界であるマンガ本編とは何ら関係ありません。読まなくても本編の理解には何の差支えもありません。)
(※wiki読んだという程度の知識、ソースはほとんどネット(しかも特定しません)。で書いてます。話半分で読んでください)

(※くだらない私見はいってます。適当に読み流しorツッコミくださいませ。)
(※誤り等ありましたら、がんがんご指摘お願いします。いろいろ教えてもらえると描いてるかいがあります)

●秋山好古は旅順を視察したか。

小説『坂の上の雲』では、日露戦争の開戦前、物語の主人公、秋山兄が
ロシアの騎兵と意気投合して旅順内部を視察させてもらったというエピソードがある。
なにかの史料に基づいたものなのかどうか、
単に「豪胆主人公」をキャラ付けするため創作なのかは不明。

しかし、「その後、この情報が大いに役に立った」ということが書かれてたけれども
その後の展開、史実でも小説でも、あまりにも合わない(旅順攻撃は情報不足で苦戦)から
やっぱり創作かな。

●秋山旅団の防御力

めっちゃ高いはず。
たぶん。
黒溝台で検索してみよう。


●陸軍大学校の学長

初代は児玉源太郎。生徒に混ざってメッケルの講義を聞いてたとかなんとか。
(生徒といっても年齢差はそんなにない)
秋山好古は第1期生卒業生10名のひとり。
長岡や井口と同期。

まだ天保銭組という言葉が生まれる以前の天保銭組。
オープニングスタッフということ、またその後の三役までの出世など考えても
陸軍首脳とはかなり懇意であったと考えられる。
なお、伊地知は陸軍大学に未進学組。

<Back   TOP     Next>

inserted by FC2 system